2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「突然の誘惑……突然の衝動……(ホモォ……)」

転校しても無駄だ!!(KMRTKMR)
ウザってぇ……!(激怒)素晴らし菓子……(下北沢銘菓)
ウザコン、お前らに、お前ら二人なんかに負けるわけねえだろお前オゥ!(猛者)
流行らせコラ……流行らせコラ!
郵便屋GOお前放せコラ!(人違い) カラカラカラカラ←……窓くん
何だお前?!(困惑) チッ!(謎の舌うち)
しばらくホッとしたろう!!(指摘)
コラドケコラ!
3人に勝てるわけないだろ!!
馬鹿野郎お前俺は勝つぞお前!!(天下無双)


フル焼きそば!(大盛り)

この世は老いも若きも男も女も……ホーーッホッホッホッホ!!
ご機嫌麗しゅうチェケラッパッ☆(パッション)

今回はね、タソについてね、みんなでお勉強していければと思ってね!
ブログ更新しちゃいました!!✌(́◓q◔`)✌シャキーン★

では早速!記事の中では「川と表記していますが、個人的に描いたイラストの表記はになっているので、困惑しないで下さいね✌(՞ਊ ՞)✌

獺_1

(かわうそ)……または(かわうそ)と書く妖怪
妖怪といっても日本川獺と呼ばれ、ネコ目・イタチ科カワウソ亜科に属する哺乳類としてちゃんと存在していた動物である。

存在していた……っとあるのは、1974年7月に高知県須崎市で確保されたのを最後に
絶滅してしまったとされているからです。

詳しくはこの記事の内容と逸れてしまうので省きますが、日本川獺はとても利口な動物だった為、年を取ると化けることが出来るって、昔の人達は信じていたそうですな。

更に日本の昔話や伝説では、キツネやタヌキ同様に人を化かすとされていた川獺は
美しい女や男に化け、人を騙す動物として登場。化かされたとされる伝承は、各地に多く残されているとか。

その中でも、愛媛県宇和島市には、夜道を一人で歩いている時
30cmほどの人影が見え よくよく見ると、背がずんずんと伸びて空に上って行くように大きくなり人を驚かす「のびあがり」という妖怪がいるとされているらしいんだけど、土地の人々は、のびあがりの正体を川獺だと言っているとか。


広島県安佐郡沼田町。現、広島市の伝説では「伴(とも)のカワウソ」「阿戸(あと)のカワウソ」といって、カワウソが坊主に化けてに通行人のもとに現れ、相手が近づいたり上を見上げたりすると、どんどん背が伸びて見上げるような大坊主になったという。

獺_2

これに関しては「見上げ入道」「見越し入道」「次第高」「高坊主」「高入道」

簡単に見上げ入道とかの解説をすると、上を見上げれば見上げるほど、どんどん大きくなっていったりとか、そういう妖怪の類なんだけど、これまた詳細は省略します。

……まぁそんな感じで上記が頭の中に浮かび上がるけど、何か関係はあるんだろうかとか、個人的に思うところ。

後はざっとウィキペ●ィア先生(アッー!)からのコピペっス。
8_獺サムネ

北陸地方では、川獺が子供に化けて酒を買いに来たことがあった。
店の者が「誰だ?」と言うと「オラヤ」と言えず「アワヤ」と答えた。
さらに「何処から来た?」と問うと「カワイ」と意味不明な答えをして、正体がばれてしまった。

また、石川県金沢市では、城をめぐる堀に年を経た川獺が棲んでおり、度々人に化けて人を騙していた。綺麗な着物を着て笠を被った女に化けたところ、言い寄って来た若い男を付け回し、食い殺したというような恐ろしい話も伝わっている。

青森県津軽地方では人間に憑くものともいわれ、川獺に憑かれた者は精魂が抜けたようで元気がなくなるといわれた。また、生首に化けて川の漁の網にかかって化かすともいわれた。

石川県鹿島郡や羽咋郡ではかぶそまたはかわその名で妖怪視され、夜道を歩く人の提灯の火を消したり、人間の言葉を話したり、18歳-19歳の美女に化けて人をたぶらかしたり、人を化かして石や木の根と相撲をとらせたりといった悪戯をしたという。人の言葉も話し、道行く人を呼び止めることもあったという。

石川や高知県などでは河童の一種ともいわれ、川獺と相撲をとったなどの話が伝わっている。北陸地方、紀州、四国などでは川獺自体が河童の一種として妖怪視された。
室町時代の国語辞典『下学集』には、河童について最古のものと見られる記述があり
「獺(かわうそ)老いて河童(かはらふ)に成る」と述べられている。

獺_3

……っとこんな所でしょうか?
各地での伝説が多いとなかなかどうして収集の付けかたがわからなくなります。
昔話の中にも大岩に化けて旅人を脅かしたとか聞いたことあったですよ。

しかしこの「獺(かわうそ)老いて河童(かはらふ)に成る」ってとこ面白いですな。
個人的にちょっと調べてみようかと思いました。

さてさて、8月ももう残すところ僅か……。
今年もまた秋を吹っ飛ばして冬に直行するのでしょうか?

ナニはともあれ、気温の急激な変化で皆様哀調など崩されぬ様にお気を付け下さい……。

では!!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















しるこ汁

Author:しるこ汁
漫画も好きだがエロ関連はもっと大好きアンアアン★

最近はもっぱら妖怪関連にご執心で、日本妖怪の女体化百鬼イラストを一人で黙々と描いてるよ!

全年齢対象を掲げながらも、スナック感覚で繰り出されるフリーダムな下ネタに、訪問者様もうっとりガンギレ(小並感)

どうぞゆっくりしてってね@

【リンクフリーです】
※シモネタ耐性のあるツワモノさん推薦だよ!苦手な方は注意が必要アンらめぇ~★

ご連絡があれば相互リンクさせて頂きます。

記事内の画像に関しては、何か問題が起こった時に対処が出来ないので、無断転載禁止とさせて頂きます。

※一応バナー2つ作ったので好きな方を張っちゃって下さいですヽ(´ー`)ノ
ご意見・ご要望、その他なんでもござれです!

名前:
メール:
件名:
本文:

※お願い:誹謗中傷はカキコしちゃダメだぞ!お兄さんとの約束だ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。