2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天狗に魅入られつづらつら……
前回の天狗の記事に引き続き、今回は狗賓(ぐひん)について綴っていこうかと思います。

狗賓1

まず狗賓天狗の一種で、狼の姿に犬の口を持つと言われています。
容姿に関してはだいぶ天狗と異なるんだけど、地域によっては天狗のことを狗賓と呼んだり
狗賓天狗(同一)という考えを持つところもあるみたい。

じゃそもそも狗賓と天狗って何が違うの?って思うよね。

簡単に言うと、天狗は仏教的な性質(修験道や密教との密接な関係)があるのに対して
狗賓は山岳信仰の土俗的な神に近い考え方を有しているんだ。

神というと凄い権力や信仰を持ってそうだけど、実は天狗の中でも最下位。

棲んでる場所を比較してもらえばなんとなく納得いくと思うんだけど、大天狗や小天狗が著名な霊山を拠点としているのに対して、基本的に狗賓は、日本全国各地の名も無い山奥に棲んでいると言われているよ。

著名な霊山名も無い山奥って響きだけで結構な格差社会を感じるよね。

パイ相撲1

とはいえ、狗賓は山の神の使者ともいわれ、人間に山への敬意と畏怖を与へ、人が山の神の領域に踏み込まない様にその境界を守ったりしているんだ。
また、それにより人と自然との共存を図ることをお仕事にしているみたい。

畏怖、その畏れの一端に、よく山で起こるとされる怪音があるんだけど、その中の1つに「天狗倒し」というものがあるんだ。

これは木の切り倒される凄まじい音が響いてはいるけど、倒された木が見当たらないという怪異。

この天狗倒しのことを「狗賓倒し」とも呼んでいるんだ。
その他にも天狗笑い・天狗礫(つぶて)・天狗火なんてのも狗賓の仕業といわれていたりと……。
山仕事を生業にする人々への警告や畏怖を与えていることが、これで伺えるんじゃないかな?

ただあくまで山の神の使いとしての制限なのか、狗賓は警告するのみで、それ以上人間に対して危害を加えてくることは無いんだって。まぁ例外はあるんだろうけど。

狼の姿ってことで、一見とてつもなく凶暴そうな狗賓だけど、人間を地獄に落とす様な力とかはないんだって。

ぷち狗賓ちゃん_吹き出し付き

そうはいっても人ならざる異形の存在。
その力は人知を超越した異質なものに変わりはないから、度が過ぎた自然破壊なんかで狗賓の怒りを買うと、人間達に災いが振りかかる結果になると信じられてるらしい。

上記でも述べたとおり地域によっては天狗の呼称として狗賓の名が用いられることから、広島県西部では、他の土地での低級な扱いと異なり、狗賓は天狗の中で最も位の高い存在として人々から畏怖されているとか。

広島市の元宇品に伝わる伝説では、狗賓は宮島の弥山に住んでいると言われ、狗賓がよく遊びに来るという元宇品の山林には、枯れた木以外は枝一本、葉っぱ一枚も取ってはならない掟があったとか。

怪力乱神1

葉っぱ一枚で激おこする狗賓さんマジ縄張り意識高いっス!!

さぁ話も終盤!ここで狗賓の大好物……その名も「狗賓餅」のご紹介!!

狗賓餅はぐひんが訛って御幣餅(ごへいもち)になり、更にまだ漢字が曖昧だった頃に五平餅(ごへいもち)って書き間違えられたのが伝わったとか。現在では五平餅が主流になってるみたい。

これについては諸説あるらしいんですが、今回の記事のスポットは狗賓なので、その名前から、なるたけ脱線しない説をチョイス。

これは中部地方南部の山間部(長野県木曽・伊那地方から岐阜県東濃・飛騨、富山県南部、愛知県奥三河、静岡県北遠・駿河)に伝わる郷土料理。

飯を小麦粉と混ぜながら潰して、串に刺しにして小判状に形を整える。
そこから味噌、醤油、砂糖、すりゴマ、すり潰したナッツなどを調合したタレをハケで付けて、炭火で炙るとか!凄く美味しそう!!

狗賓エロ_全年齢向け

すごくおいしそうです……(ジュルリ)

本来は山仕事をする際、山神に供え、然る後、皆で分けて食したとされる御供え物として作られたとあります。このお供えをしないと悪天候になったり、山での作業が進まなくなったそうだよ。

ボク的にはお供え=山での仕事をこれからさせて頂きますっていう挨拶みたいなものだと思ってます。作業が進まないのはその挨拶を怠り、勝手に仕事に入ろうとする人間に対して

「まだこっちの許し(許可)取ってないんだから勝手に山仕事するとかいい加減にしろ!」

ってことだと。

そりゃ無断で聖域(私有地)に踏み込まれて好き勝手やられたら狗賓さんだって激おこぷんぷん丸だよ!

まぁなんにせよこの狗賓餅、そもそも天狗が寄って来る為に、家庭では作ってはいけないってしきたりがあったんですが、いまではすっかり郷土料理として定着してしまったようです。やったぜ。

さて……そろそろ手持ちのネタが尽きてきたようだグフゥ……今回はこの辺で失礼おば!!

今後も妖怪について綴って行きたいと思いますので、是非是非次回もよろシコです!!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















しるこ汁

Author:しるこ汁
漫画も好きだがエロ関連はもっと大好きアンアアン★

最近はもっぱら妖怪関連にご執心で、日本妖怪の女体化百鬼イラストを一人で黙々と描いてるよ!

全年齢対象を掲げながらも、スナック感覚で繰り出されるフリーダムな下ネタに、訪問者様もうっとりガンギレ(小並感)

どうぞゆっくりしてってね@

【リンクフリーです】
※シモネタ耐性のあるツワモノさん推薦だよ!苦手な方は注意が必要アンらめぇ~★

ご連絡があれば相互リンクさせて頂きます。

記事内の画像に関しては、何か問題が起こった時に対処が出来ないので、無断転載禁止とさせて頂きます。

※一応バナー2つ作ったので好きな方を張っちゃって下さいですヽ(´ー`)ノ
ご意見・ご要望、その他なんでもござれです!

名前:
メール:
件名:
本文:

※お願い:誹謗中傷はカキコしちゃダメだぞ!お兄さんとの約束だ☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。